ハルはるcAreer。

心配すんなお前ならできる。

〜今日まで、そして明日から元気になるメディアを〜

啓発的経験

 

 

どうも、パルキです。

 

 

 

最近、更新が滞っていたので気を引き締めて綴っていきますね。

因みに、いま、ピザトースト片手に書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日受けた、セミナーの話なのですが、、

「啓発的経験」の話をします。

※こんなつまらない話は普段はしません。

 

人は経験を通して成長するという原理に基づいていて、その経験から何を学び取るのかを意識するのとしないのとでは、同じ経験でも学習効果が違います。

啓発的経験とは、主体的に経験を元にして、そこから何を感じて何を学び取るのかという啓発的意識を向けることによって、その経験自体の価値を激的に高める考え方です。

 

つまり、自己内省をするということです。

 

Ex)電車内の広告

Aさん:あっ、リクルートの広告だ。

 

Bさん:あっ、リクルートの広告だ。なぜ、リクルートは電車内に広告を出しているんだ?そして、この広告のキャッチコピーはどういう意図で書かれているのだろうか?

 

 

 

この差が分かりますか??

恐らく、Bさんは間違いなく今後の人生で多くの学びを得ることになるでしょう。

そこには、啓発的意識が常に向けられているからです。

 

 

 

 

みなさんも、啓発的経験を意識してみませんか?(^ ^)

 

 

 

 

 

 

インプットしたことを忘れない為にアウトプットすることを今後も心掛けます。

 

パルキ