ハルはるcAreer。

心配すんなお前ならできる。

〜今日まで、そして明日から元気になるメディアを〜

お金で時間は絶対に買えると感じた瞬間

タイム・イズ・ノットマネー

 

 

どうも、超高卒ハルキです!

 

只今、帰宅しました。

 

いやー、もう仕事ができないって辛いですよね。

 

 

もう自分の無力感が半端じゃない。

 

口では偉そうに言っている僕ですが、

会社じゃカスっカスなんで、

もう常に、泣くか拝んでます。

 

 

ってことで、世の中やっぱり金だよなーと、感じたことを羅列していきます。

 

 

世の中カネだなと思う瞬間

・旅行や娯楽に使えるお金の額がしょぼい

・可愛い女の子にアプローチする選択肢がお金が無いから選べないし、モテない

・家が猛烈に貧しい

・安いアパートに住んでいるせいで、隣人のトイレの流す音まで聞こえてくる

・満員電車でストレスを感じているのにグリーン車に乗れない

・結婚を前提にした付き合いで経済力ばかりに目がいく女を見た時

・病気や怪我をした時にその場で支払える金が無い

・久々に連絡してきた友達が金を貸してくれと言ってきた時

・結婚式のご祝儀

・先輩が何かと奢ってくる飲み会

・子どもにお年玉をあげた時

・合コンで女子分を奢ってあげた時

・何の為に働いているの?と聞いたら、給料が安定しているからと言われた時

・風俗にいった時

 

 

 

つまり、お金があればだいたいのストレスを感じずに生きることができる。

お金を生み出すのは時間ではなく、時間を生み出すのはお金だ。

もし、仮にいま、手元に一兆円あったとしよう。

あなたは明日から働きますか??

 

僕は働きません。

 

その一兆円で、お金を稼ぐ方法を考えながら自由に生きます。

 

 

 

つまり、お金を持っていれば、次のお金を作る時間を得れます。

経済的に困らなければ、人より多くの時間を手に入れることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金を多く持っていれば、

お金について悩む時間が減る

 

 

 

 

という訳です。

なので、結果的にお金で悩む時間をお金で解消できるので、人生の時間が増えたことになります。

 

月に15万の給料の人は、来月の給料までどう節約するか考えます。

月に100万の給料の人は、来月の給料までどうやってお金を使うか選択肢があります。

 

前者は、お金がないので限られた選択肢の中で生きます。

後者は、お金があるので多くの選択肢から自由に選べます。

 

 

大概のことはお金で解決するのが世知辛い世の本質です。

 

 

しかし、それ以上に人間として社会で生きていく力は重要です。

お金をいくら持っていても、周りの人間関係が詰んでる人に魅力を感じません。

感じたとしても、長期的には続きません。

 

 

お金も自分も大切にして生きていきましょう。

 

 

自戒を込めて、ここまで書かせて頂きました。

 

では、また。

 

www.kousotu-carrilog.com

 

 

www.kousotu-carrilog.com