ハルはるcAreer。

キャリログ。

埼玉から高卒社会人の脱力キャリアを実践

突き抜けたバカは成功する

 

どうも、高卒キャリアプランナーの超高卒ハルキです。

 

本日は哲学をお届けします。

 

 

突き抜けたバカは成功する

 

さて、なぜ『突き抜けたバカ』は成功するのか?

 

それには、3つの理由があります。

 

失敗を恐れない

 

世の中には、基本的に失敗を恐れて行動しない人が沢山います。

失敗しないために、挑戦をせずに人生を終える人もいます。

確かに、行動しなければ失敗はしません。

 

しかし、成功もしません。

 

つまり、挑戦なくして、成功はありえません。

 

就活で例えるとします。

大手企業に入りたいなら、その会社にエントリーシートを出さない限り内定は貰えません。

 

ここで、突き抜けたバカは成功する理由を教えます。

 

突き抜けたバカは、『失敗を恐れずに挑戦』します。

世の中の大半が、『そんなの無理だよ』と仮に思っても、お構いなしに挑戦します。

もちろん、いっぱい失敗します。

 

そして、成功もします。

 

挑戦する回数が圧倒的に多い突き抜けたバカは必然的に成功する可能性も高まるのです。

 

仲間が集まる

突き抜けたバカには、仲間が集まります。

というのも、人と違ったことで、自分を出しているバカに魅力を感じて賛同する人が世の中には、少数ですがいるからです。

自分を表現し続ける姿に応援したくなる人が必ずいます。

 

発信し続ければ、必ず共感してくれる人が世の中には存在する。

 

日本だったら、1億2千万人も人がいます。

その中に0.001%(1200人)もいれば、やりたいことも実現度が高まります。

 

人が集まれば、知恵とお金も集まるので、色んなことが実現可能です。

 

つまり、突き抜けたバカは、恥じらいを捨てて自分自信を発信します。

それによって、人が集まり、やりたいことができる環境が自然と整うのです。

 

超ポジティブ

突き抜けたバカは、基本落ち込んでもすぐに走り出します。

あまりの行動力に、失敗したとしても次の挑戦に希望を持って走り出す心構えができているからです。

ポジティブの利点は、考えて悩むくらいなら常に行動し続けます。

 

これを、『マグロトランス』と私は呼んでいます。

 

突き抜けたバカは止まることを知らずに、走り続けるので、他の人よりも早く失敗に気づきます。

つまり、トライアンドエラーの回数が多いので、成功するスピードも早いのです。

 

まとめ

 

『突き抜けたバカ』は人よりも多くの経験や時間を過ごすことによって、目標を早く達成できる理屈があると思います。

自分がやりたいことが決まっているのであれば、突き抜けたバカを目指して頑張っていきましょう!!!!

 

もちろん、

私も突き抜けたバカです。

 

一緒にバカやりましょう。

早くディズニーとか貸し切りたい。(見積もり費用1500万)

 

This is your life.

And my life.

 

www.kousotu-carrilog.com

 

 

www.kousotu-carrilog.com