ハルはるcAreer。

ハルはるcAreer。

埼玉から高卒キャリア論を軸にワクワクを発信

高卒で工場勤務のボクが会社員で生きる危険を考えてみた

f:id:haruki19940608:20170404203218p:plain

 

 

どうも、キャリアコンサルタントのHarukiです!

 

昨日に引き続き、

会社員としてのキャリアについて書きます。

会社に依存することがそんなに悪いのか。

自分の好きなことをしていない仕事は不幸なのか。

 

そんな、誰もが思っていても深く考えないことを綴ります。

では、いきましょう!

 

終身雇用が崩壊しているのに1つの会社に勤め続けることは危険なのか

 

とある起業家が、番組でこんなことを言っていた。

 

『定年までずっと雇って貰う気ですか?終身雇用はもうとっくに終わっている時代ですよ』

 

これを聞いたボクは、ふと思った。

 

『定年まで雇って貰えないとして、じゃあ何すればいいの?起業すればいいの?』

 

起業・・・。

このノリで起業ができたら誰も苦労しないと思う。

 

仮に、終身雇用が終わったとして、いまのまま会社に居ることが本当に危険なのかを自分なりに考えてみました。

 

<終身雇用おわりのシュミレーション>

終身雇用が終わる

成果主義になり、企業の人材代謝が早くなる

成果を出せない人は給料が上がらない

成果を上げれず利益を出せない人はクビ

クビになった人は職を探す

人材斡旋企業は職を沢山仲介して儲かる

リストラと求職者はもっと増えて、生活保護・フリーター・ニートが増える

そろそろ国の税金足りなくなり増税

企業も低所得者が増えて、モノが売れにくい時代になる

多くの会社が倒産!?

 

ここまで想定したら、本当に終身雇用が無くなるのかなって思いました。

 

中小・零細企業ならまだしも、大企業はまだまだ終身雇用を続けると思います。

大企業の資金力があれば、終身雇用でゆっくり育てて優秀な人材を獲得することが可能ですし、新規で採用するコストも馬鹿にならないと思うので。

 

それ以上に、会社内で成長できる機会が沢山あるかが重要だと思います。

ただ言われたことをやっていては、確かにクビをきられるかもしれない。

簡単な作業はAIに取って代わっていく時代に、誰でもできるようなことをしても、存在価値を見いだせないのは事実だと思う。

 

だとしたら、自分にしかできない仕事作りを会社内でやっていくのが大事だ。

スキルをつけてもいいし、会社の経営に必要なポジションのためにキャリアを描いてもいい。

自分が所属している会社に、必要で求められていることをやればいい。

加えて、それが自分の好きなことであればハッピーになれる。

 

だから、終身雇用が終わって危ないといわれる人は、

「この会社のあなたじゃなくてもいい人」だ。

 

ボクも、『あなただからお願いしたい』と言われるようにクビにされない会社員を目指して奮闘中です。

 

人から求められることを仕事にする幸せもある

 

『好きなことを仕事にしたい』

 

よく聞く言葉ですよね。

好きなことして仕事ができれば、人は幸せなのか。

仕事において、永遠のテーマだと思います。

 

好きな仕事は人それぞれ違いますが、仕事の本質は変わりません。

 

仕事とは、

『価値の交換』です。

 

価値とは、企業によって全く異なります。

 

松屋の提供価値は『牛丼』。

ユニクロの提供価値は『服』。

SODの提供価値は『アダルトビデオ』。

 

対して、企業ではなくボクたち労働者の価値は何か?

 

それは、『労働力』です。

労働力を企業に提供して、対価としてお金を頂き、また価値の交換に使います。

 

これが『仕事』です。

 

絵に書くとこんな感じ。

f:id:haruki19940608:20170404221612p:plain

 

ボクは会社に労働を提供する。

会社は価値を作り、社会へ提供する。

社会の人々は、会社の価値をお金で買う。

お金を企業は労働者に給料として払う。

 

自分が与える価値が大きくなれば、給料も増える仕組みということ。

好きなことで、大きな価値を与える仕事ができるならいいとボクは思う。

 

でも、大概は好きなことって大きな価値を与えられない。

なぜなら、好きなことは『価値を受け取るのが好き』だから。

美容師の話でこんなのがある。

美容院(価値を受け取る)が好きで美容師を目指している人がいるが、

その人は髪を切る(価値を与える)ことが好きではないことがある。

 

上述した通り、仕事は『価値と価値の交換』です。

先に与えるから、価値が返ってくる。

 

それを踏まえて、好きを仕事にしてみてはどうだろうか?

好きなことは、仕事以外でも満たす方法は沢山ありますよ。

 

足るを知れば時として幸せになることもある

ボクは、いまの現状に満足していません。

だから、いまの現状よりも1mmでも成長するために生きます。

 

だから、無いものをねだったりしません。

あるものでどうにかします。

 

人は、足るを知れば幸せになれると思います。

 

「✖✖があったら〇〇できるのに」

✖✖だから〇〇できない」

「✖✖じゃ、どうせ◯◯できない」

 

仮に、✖✖があって〇〇できたとしても何も行動できないと思います。

 

いまある自分を認め、それに対してどうすれば現状とあるべき姿のギャップを埋めるのか。

方法はいくらでもある気がします。

 

有名な言葉で、こんなのがあります。

 

「お金が無くて何も出来ない人は、

お金があっても何にも出来ない」

 

お金が無いならアコムへ行こう。

武富士もある。

 

それも駄目なら親に借りればいい。

親も駄目なら、知人をあたってみよう。

 

それでも駄目なら、自分で寝ずに働いてみよう。

 

それでも駄目なら、別のやりたいことを探してみよう。

 

ボクは、そんな感じで生きていきます。

ボクは、ワクワクした人生を歩みたいです。

 

幸せな人間とは、後悔のない人生を歩んでいる人だと思うからです。

 

高卒で、工場勤めで、地味な仕事かもしれない。

そんなのどうでもよくて、自分が後悔しない人生を日々送りたい。

明日が今日以上にハッピーになればOK! 

 

では、また。

 

f:id:haruki19940608:20170404212016p:plain

 

 

www.kousotu-carrilog.com

www.kousotu-carrilog.com

www.kousotu-carrilog.com

www.kousotu-carrilog.com

www.kousotu-carrilog.com