ハルはるcAreer。

キャリログ。

埼玉の高卒会社員が楽しく働くための雑記。

僕は大人のようで大人じゃないのだけど、僕だけの話ではないと思う。

 

f:id:haruki19940608:20180115222828j:plain

 

どうも、脱力キャリアブロガーのハルはる@cccconstancy)です。

みんな毎日働いて、クタクタになって帰宅して、ご飯食べてお風呂入って、これが社会人の務めだ。

なんてことを言う気はさらさらないのですが、みなさん、今日もお疲れさん。

 

今日のブログは、、、。

 

 

僕は大人のようで子どもじゃん、って話をします。

 

気付いたら大人になっている謎

僕は今年で24歳になるのだけど、大人なのでしょうか。

大人の定義はさまざまあると思いますが、「大人」でググったら、こんな風に僕に教えてくれました。

 

大人で検索したら…

うし
大人
 
  1. 男のおとなを敬って言う語。特に江戸時代に国学者の間で師を指す。
     「鈴屋(すずのや)の―」
 
おとな
大人
 
  1. 一人前に成人した人。
    • 老成していること。
       「彼はなかなか―だ」
    • (子供が)おとなしいこと。静かにしていること。
       「坊やは―だね」
 
たいじん
大人
 
  1. 1.
    体が普通より大きい人。巨人。
     「―国」
  2. 2.
    おとな。成人。

Google検索より

 

一般的に使用されるのは、成人された人を『大人』と言っている気がします。

僕は、成人しているので、大人ってことでいいですかね。

 

今度は、

「大人」で検索したらこんな画像も出てきました。

f:id:haruki19940608:20180115223759p:plain

Google検索より

 

大人で検索したら、、

「大人が悩む姿」、「大人のおもちゃ」が真っ先に出てきてしまい、

世も末だなぁと思ってしまいました。

とはいえ、僕も立派な大人なので、真面目にブログを書きますよ。←

 

大人って、気付いたらなっているものだけど、自分からなりたくてなったわけでもない。

今日も世界に大人を量産していくのだけど、いま一度、大人について考えて見たいと思うので、お付き合い願いたい。

 

 

大人になるということ

日本語には、『大人しい』という言葉がある。

この言葉の意味は、以下の通りである。

おとなし‐い
大人しい
《形》
  1. 1.
    性質がおだやかで、人にさからったり騒いだりしない。
     「―・く引き下がる」
  2. 2.
    格別に目立たず、落ち着いている。
     「―柄の着物」

 

仮に、大人になることが上記のような条件を満たすことが必要なのだろうか。

「大人=落ち着きがあって言動や行動に余裕があり、人の迷惑になることを絶対にしない。社会に波風立てずに無難に生きていく。」

そんな風に聞こえてしまう僕だから、当然、「納得」の2文字などありゃしない。

 

 

なんで周りの目の色を気にして生きていく必要があるのか。

誰のために?

何のために?

こんなにも合理性がない、「大人だから」という理由で何かを我慢することが世の中には多すぎる。

例えば、大人だから『遊んでないで働きなさい』『服装に気を使いなさい』『言葉使いには気をつけなさい』とかだ。

きっと、社会に波風立てない処世術が崇拝されているのだろう。

 

「大人なんだから」といって「性」についてや「仕事」に対する一方的な価値観を押し付けてある一定数の人を苦しみ続けているのだ。

例えば、交際中の異性が『30歳 童貞』『30歳 フリーター』『25歳 風俗嬢』『25歳 家事手伝い』と聞いたとき、

「大人なのに…」なんて評論をしてくる大人が多すぎると思う。

 

大人になった瞬間、社会で生きていくルールをこんなに厳しくしてよいのだろうか。

そんな生きにくい社会をドロップアウトする人達もいるだろう。

子どもの頃に描いていた大人像とはかけ離れて絶望する人もいるだろう。

 

「大人になって生きづらさ(ストレス)」を理解して生きていく。

それが大人になるということなのだろうか。

 

僕は大人のようで大人じゃない

 

大人になることで、世間の常識という謎のルールに縛られるくらいなら、大人になりたくないと思ってしまうのは僕だけだろうか。

 

それでも、大人になるということは必然的にやってくる。

 

結局、大人になるということは、

こうして大人になってしまったことを考えだした瞬間だと思う。

 

子どもに戻りたいなと思ったら大人になった証拠だということ。

そんな言葉が、いまの僕には相応しい。

 

それでも、子どもの時のように17時の夕暮れまで公園で遊んだり、馬鹿みたいに何でも考えて質問してみたり、恥じを恐れずに生きていきたい。

もっと自由に生きていきたい。

 

子ども心も残しつつ、大人でもう少し足掻いてみようと思う。

 

ハルはる。