ハルはるcAreer。

キャリログ。

高卒キャリアコンサルタントのライフハック

高卒で大手化粧品会社に勤めるキャリアコンサルタントが埼玉からブログを発信するよ

こんにちわ。

キャリアブロガーのハルはるです。

 
高卒で人生の崖っぷちだったところ、悟りを開いて捲りかえしてる者です。
 歳は23歳。
  
ボクがやるブログは、
「埼玉から高卒キャリア論を軸にワクワクを発信するブログ」 です。
訳して、『キャリログ。』です。
 
目指すは人生の拠り所。
困ったら、「マスターやってる?」的なノリで寄れる、そんな場所にしたいです。
僕の記事を目当てにあなたが寄り道する。宗教かよ。
 
 
「人生って糞つまらない」
最近の若者はそんなことを言う。(お前もだろ)
嫌な仕事に、好きではない上司と職場の先輩。
気を張り詰めて毎日を生き延びる。
 
何のために生きてんだよっ!
まじで切れそうになる。
そんな時、一度自分と向き合って欲しい。
自分の人生ってやつを。 
自分の生きる意味とか。
 
そして、こんな話があります。 
ある投資家がバカンスで南の島に行きました。
浜辺を歩いていると若者が貝でとてもきれいなアクセサリを作っていました。
それを見た投資家は若者にそれをたくさん作ってビジネスにしないかともちかけました。
若者「これをビジネスにしたらどうなるのですか?」
投資家「たくさんお金が儲かってお金持ちになれますよ。その後は南の島ででも悠々自適に暮らせますよ。」
若者「それなら今、私がやっていることですね。」
投資家「・・・」
 
例えば、本を書いてみたいとか音楽を作ってみたいなどお金にはならないかもしれないけど、今からやろうと思えばできることは結構あると思います。
 
もしそういうことがあるのなら、お金が稼げるようになってからなんて思わず今からやるべきです。
 
人生はやりたくもないことをやってられるほど長くはありません。。。

 

ということで、ホリエモンとか起業家がよく言うありがちな話です。
 
でもこれって、凄く大事な事だと思うんですよね。
大人になればなるほど、言い訳が多くなると思うんですね。
なんなら、「もう年だから...」そんな訳の分からん理由で自分の可能性を否定する大人が社会には腐る程いるんですよね。
 
ボクは、そんな大人になりません、。
どんな時も人のキャリアを支援する。
そんな場所にこのブログを作っていきます。 
 
キャリアブロガー
ハルはる