キャリログ。

キャリログ。

ビジネスマンをキャリア支援するwebメディア

高卒就職
パレートの法則
会社を辞めずに済む
努力は報われる

頑張れない人は、大きな願望で小さな願望を従わせれば、頑張れる人になる

f:id:haruki19940608:20200322203138j:plain

頑張れる人

 

「頑張っても、頑張っても結果が出ない」

 

努力が報われないときは、誰にだってある。

だが、その努力は無駄ではないと、この記事に書いた。

 

頑張っても結果が出ない以前に、”頑張れない”人もいるのではないだろうか。

僕も正直、頑張るのは苦手だ。自分に甘い人間である。

 

そんな頑張れない人が頑張れるにはどうすればよいか?

 

どうすれば”頑張れない人が頑張れるようになる”のか。

 

 

恒常性維持機能により、考えるだけでは価値がない

f:id:haruki19940608:20200322190701p:plain

インベスターZより引用

頑張る以前に、あれこれと悩んで結局行動できない。

「失敗したらどうしよう」

「何のために、どうやって頑張ればいいのか」

あれこれ考えた末、何も行動しない。

 

僕もそうだ。

「新しいこのプロジェクトに参加しないか? 別に強制じゃないけど。」

1年前、上司にこんなことを打診された。

 

やりたいプロジェクトではなかったが、上司の推薦や参加したくてもできない人がいることを踏まえると、参加すべきか悩んだ。

 

1週間、考えた末に辞退した。

いまとなっては、参加しとけばよかったと後悔している。

プロジェクト自体は失敗に終わったが、新しい試みと難易度の高さもあったので、メンバーはやり遂げただけで評価された。

 

なぜ、あの時に頑張ってプロジェクトに参加しなかったのか。

 

「面倒くさかった」からだ。 

 

やったこともない、挑戦的で難しい、興味もない新しいプロジェクトに、ただ「面倒くさい」という理由で参加する気が起きなかった。

 

ここで、ある仮説が生まれた。

「考えれば考えるほど、人は面倒くさくなり、行動しなくなるのでは?」

 

色々と調べてみると、結論はその通りだった。

人には、「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」が備わっており、体の生命活動を維持するために最適な状態で居られるように、脳によってコントロール(制御)されている。

 

例えば運動によって体温が上昇すれば「恒常性維持機能」が働き、汗をかいて平熱まで下げようとする。

また、この「恒常性維持機能」は物理的な身体だけではなく、マインドにも働いている。

 

先ほど、僕は”新しいプロジェクトへの参加”に対し、「面倒くさい」と考えて辞退した。

これは「恒常性維持機能」により、”新しいことは危ないからやるな!”と、無意識に脳がリスク回避したのである。

これが行動できなかった原因だった。

 

きっと、恒常性維持機能により、考えれば考えるほど行動できなくなるのだろう。

行動するかどうかを考えると、様々な情報が入り、無意識に「これは自身の生命活動に危険がある」と判断したら、即座に行動できなくなる。

 

よく聞く、「考える前に行動しろ!」という言葉は、あんがい理にかなっているのかもしれない。

f:id:haruki19940608:20200322194806p:plain

ドラゴン桜より引用

 

では、どうすれば行動できるのか?

頑張れる人になれるのか?

 

一人の人間の中で二つの願望がぶつかりあっている

頑張って行動できる人になる秘訣が、四つ話のクローバーという哲学書に書いてある。

 

この本で、サラリーマンをクビになった無職の男が、とある会長に「成功法則」を教えてもらう話がある。

 

その男は、会長にこう言われる。

なぜ世の中の多くの人が、思ったように頑張ることができないのか。

 

その理由を一言で言えば、『一人の人間の中で二つの願望がぶつかりあっている』からだ。 

四つ話のクローバーより引用

 

願望がぶつかりあっているとは、 どういうことか?

僕の例でいうと、先ほどの新しいプロジェクトに「参加してみたい願望」と「参加したくない願望」がぶつかっていたのだ。

 

参加すれば様々な経験と実績を積めるが、仕事が増えて残業や責任が発生してしまう。

 

異なる願望がぶつかりあっていた。

この本では、そんな気持ちでいる人間は、「頑張ることができない」と語る。

 

じゃあどうすれば、叶えたい願望を選択し、頑張ることができるのか?

 

大きな願望を持てば、小さな願望を従わせられる

願望同士がぶつかり合い、自分に負けてしまう。

そんなことは、誰にでも起こりうる。

 

自分の最大の敵は自分、とよく聞く。

f:id:haruki19940608:20200322201111p:plain

宇宙兄弟より引用



自分に負けないために、叶えたい願望を選択して行動するために、どうやればいいのだ。

この本では、対処法をこう説いている。

願望を大きく育てることができれば、今まで面倒くさかったり嫌だと思っていたことも、その願望を叶えるための『やりたい』ことに変わる。

 

四つ話のクローバーより引用

 

つまり、大きな願望で小さな願望を従わせれば、自分の願望を叶えることができるようだ。

 

僕は新しいプロジェクトが「面倒くさい」と、小さな願望を選択して辞退してしまった。

もし、この新しいプロジェクトをやれば、「もっと仕事がデキるようになり、働くことが楽しくて、女からモテる」という大きな願望を抱いていたら、参加していた。

 

この教訓として、嫌だな、面倒だなと頭で考えてしまったとき、自分が叶えたい大きな願望を準備している。

 

よく分からない仕事を振られても、「この仕事をやった先にしか、やりたい仕事はこないし、モテない」と、前向きに願望を抱くようにした。

 

そうすると、大抵のことには2秒で「はい」と言えるようになる。

「はい」と言ったら、行動するしかない。

行動したら、頑張るしかない。

 

頑張れない人は、大きな願望で小さな願望を従わせれば、頑張れる人になるのだ。

 

まとめ

頑張れない人は、大きな願望で小さな願望を従わせれば、頑張れる人になる、という記事でした。

 

今日のまとめ

・恒常性維持機能により、考えれば考えるほど人は行動できなくなる

・大きな願望で小さな願望を従わせれば、自分の願望を叶えることができる

・頑張れない理由は、一人の人間の中で二つの願望がぶつかりあっているから

その結果、頑張れない人は、大きな願望で小さな願望を従わせれば、頑張れる人になる

 

僕も日頃から、やりたいけどやれないことに対し、どうしたらやれるのか、どうしたら大きな願望で打ち消すことができるのか、引き続き考えたいと思います。

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのはるきち(@harukichi_macho) 

 

↓本日紹介した本

四つ話のクローバー

四つ話のクローバー

  • 作者:水野 敬也
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: 単行本
 

 

〜「キャリログ。」では、高卒キャリアを歩んできたキャリアコンサルタントが毎朝7時半にあなたのキャリアに役立つ情報お届けします〜

 

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

twitter.com