キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

尊敬する先輩に教えてもらった、仕事に対する心得7箇条

いまは転職してしまったけど、当時、会社で超有能と謳われた、僕が尊敬する先輩がいた。

 

僕が入社した時から、先輩は異彩を放っていた。

毎年、何食わぬ顔で誰もが想像を超える業績を叩き出していた。

 

言うならば、ドラゴンボールで僕がヤムチャだとしたら、先輩は地球平和を願うフリーザだ。

最強なのに超優しかったのだ。

 

ビジネス戦闘能力だけでいったら、おそらく、社内でトップだった。

 

そんな尊敬する先輩に教えてもらった、仕事に対する心得7箇条というのがある。

この7箇条は、いまでもメモとしていつも手帳に挟んで持ち歩いている。

 

僕が仕事で悩んだり苦しんだ時、このメモを見返しては元気と勇気、自信を貰っている。

 

 

1.笑顔で働くべし

笑顔ってスゴイ。

どんなに苦しくても辛くても、むりやり笑っていれば、本当に笑けてきて勝手に元気が出る。

 

また、笑顔で仕事する人に、仕事と人が集まる。

仕事と人が集まれば、信用と信頼が集まる。

 

信用と信頼が集まると、仕事が楽しくなる。

 

また、「虚は実を引く」という言葉がある。

初めは嘘であったことが、そのうちだんだん真実味を帯びて、つい本当のことになるという。

 

「笑顔で楽しそうに仕事していれば、どんなにつまらない仕事も楽しくなる」と、先輩に教わったし、実際そうだった。

 

2.金のために働かない

生活のため、お金を稼がないといけない。

それは当たり前だが、金のためだけに働くことを目的にしてはならない。

 

金のためだけに働くと、人は充実感が得られなくなる。

充実感が得られない仕事はつまらない。

 

充実感というと、難しく聞こえるかもしれないが、単純なことだ。

 

金じゃなくて、会社の気の合う仲間がいるから、この仕事のココが好きだから、この会社で働いてくれる自分を認めてくれる家族がいるから、そんな目的が1つでもあれば充実感を得られる。

 

3.あいさつをせよ

先日の記事にも書いたが、挨拶ができない人は損をする。

あいさつほど、コスパよく人への信頼を得られる方法はない。

 

あいさつをすることが嫌いな人はいても、人にあいさつをされて嫌な気持ちをする人はいない。

 

ましてや、あいさつすらできない奴に、多くの人を喜ばせたり、助けることはできない。

無論、仕事もできない。

 

4.納期に遅れるな

納期を守れない奴は社会人として生きていけない。

納期遵守は信用を獲得し、納期遵守は人の能力を高め、納期遵守はお金を生みだす。

尊敬する上司に教えてもらった、「仕事を任されたら何をすべきか」8箇条 | Books&Apps

 

 納期に遅れることで、信用を失う。

信用を失うと、任せられる仕事のレベルが上がらない。

 

どんなに無骨な資料でも、納期にさえ間に合えば信用される。

だから納期はどんなことがあっても遅れては駄目だ。

 

5.いまに集中せよ

将来とかキャリアなんてどうでもいい。

逆算して物事がうまくいった試しがあるか?

 

いまの自分は、5年前に想像していた自分とビタ一文ズレていないか?

違うだろう。

 

何よりも働く上で重要なことは、”いま目の前にある仕事に全力で集中すること”だ。

その積み重ねが将来とかキャリアを作っていく。

 

未来を想像することで自分が創造されるんじゃない。

いまの自分を創造することで、未来の自分が気づいたら立ちはだかっている。

 

6.人に相談しなさい

仕事で上手くいかなかったり、悩んだら素直に人に相談すること。

先日の記事では、人に聞くことができない人はものすごく損をしていると書いた。

 

自分一人で考えつくことなど、たかが知れている。

人に相談することで、何倍、何十倍にも早く問題が解決する。

 

一人でクヨクヨ悩んでいても、問題が先延ばしにされるだけだ。

いざ心を決めて相談してみると、「何だもっと早く相談すればよかった」と、

100%思うはずだ。

 

7.継続しなさい

新入社員はこれまでの心得を教えると、大抵の人は「なんだそんなことか」と冷めた顔をする。

 

勘違いしてほしくないのは、”できる”と”やり続ける”には、天地ほどの差があるということだ。

 

1日や1週間、1ヶ月程度じゃ何の意味もなさない。

 

最低でも3年、5年、10年と、死ぬまでこれらの心得を”継続すること”が重要なのだ。

歯磨きだと思えるくらい、習慣化しなければならないのだ。

 

これは、この心得に限ったことではなく、仕事では1日や1週間で解決しない問題やトラブルが日常茶飯事だ。

 

そんな時、継続する力がない人は諦めてしまう。

諦めたら、諦めた分だけ自分の成長からは遠ざかってしまう。

 

だから、地道にコツコツ、仕事に対する心得を見返しては、「今日も行動できているか?」と、自分の胸に問うとよい。

 

まとめ

尊敬する先輩に教えてもらった、仕事に対する心得7箇条でした。

 

僕はいまでも、仕事で結果が出なかったり、悩んだり挫けそうになった時にこの7箇条に立ち返る。

 

そうすると、不思議なことに、どれかしらが必ずおろそかになっているのだ。

 

あいさつを怠っていたり、人に相談できなくなっていたり、気づいたら大事な心得を忘れて日々の仕事に忙殺されていたのだ。

 

だから、確信していえることがある。

 

この仕事に対する心得7箇条は、僕がこれまで歩んだ8年間のサラリーマン人生では、とっても有用性が高く、幾度と目の前に立ち塞る壁を壊す際、心の拠り所だった考えだ。

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのはるきち(@harukichi_macho) 

  

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターフォローかはてなブログの読者登録で、毎日記事を届けます!

twitter.com

 

↓Noteでコラムも書いてます

note.com

 

↓キャリア相談、話を聴いて欲しい方

harukichi3.base.shop