キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

ヒカキン卒業式から学ぶ、”失敗”はプラス要素になるという話

f:id:haruki19940608:20200316183919p:plain

卒業式が出来なかったみんなへ、ヒカキンより。より引用

「失敗と書いて成長と読む。」

 

野村克也さんの言葉を思い出す。

失敗の後にこそ、成長がある。

 

これを表現した言葉は、古今東西の人々が語る。

この言葉は、「失敗を成長の糧とする意識」を心に刻む、最高の表現だと思う。

 

そんなことを考えながら、YouTubeを漁ると、ヒカキン氏の卒業式動画を発見した。

これだ。

www.youtube.com

 

こちらの動画では、”失敗”についてどう対処すべきか、卒業生へのメッセージを述べていた。 

 

結論から話すと、すばらしい卒業メッセージだった。

コロナウイルスの影響で、卒業式が行われない学生たちがいる。

その彼らの門出を祝うに、ふさわしいスピーチだった。

 

では、具体的に何がすばらしかったか?

 

●目次

 

何歳になっても失敗は人生につきもの

f:id:haruki19940608:20200316211739p:plain

f:id:haruki19940608:20200316211823p:plain

卒業式が出来なかったみんなへ、ヒカキンより。より引用

早速ビッグな失敗を繰り出してくるヒカキン氏。

 

ポケモンでいうと、初めて草むらに入ったばかりの僕が、レベル100のポッポに出会ってしまう衝撃だ。

 

多分、僕が220万円の財布を落とす日は、近い将来かならずと言っていいほど、ない だろう。

 

だが、人生・仕事での「失敗」は誰にだってある。

人生には、必ず行動して失敗する瞬間がある。

 

「失敗」は誰だって怖い。

怖がっている僕に、尊敬する先輩はこんなことを教えてくれた。

「失敗をしない人間は、何もしない人間だけだ。」

 確かに、そうである。

 

しかし、何か行動を起こす度に「失敗」はつきものだ。

多くの人は「失敗」したくないだろう。

 

失敗したら”自分に絶望する”から。

 

それを知った大人は、何もしなければ失敗しないことに気づき、行動をやめてしまう。

「失敗するかもしれない、だったら最初から行動しない方がいい。」

間違いではない。

失敗したくなければ、行動しない。

理にかなっている。

 

だが、それでよいのだろうか。

僕が尊敬するクルクルパーマに、以前こんなことを言われた。

f:id:haruki19940608:20200316215544p:plain

宇宙兄弟より引用

誰もが「失敗」することは怖い。
だけど行動して、何かを変えないといけない。

 

人は生まれた瞬間から、本能的に成長する生き物だ。

変化する生き物だ。

 

これをダーウィンの「進化論」ではこう述べている。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

ダーウィンの「種の起源」: はじめての進化論 より引用 

 

「失敗」を恐れ、自分の行動を制限し、変化を恐れてはならないのだ。

  

だったら「失敗」を乗り越えるほかない。

では、「失敗」をどうやって乗り越えればよいのか?

 

人生は長距離走だから、一度の失敗で終わらない

f:id:haruki19940608:20200316211926p:plain

f:id:haruki19940608:20200316211951p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212013p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212120p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212212p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212513p:plain

卒業式が出来なかったみんなへ、ヒカキンより。より引用

 「失敗やマイナスな出来事は長いマラソンでみたら、プラスに変えられる。」

そんなこと頭で分かっても、いざ挑戦しようとすると足がすくむ。

 

では、どう失敗を克服し、また挑戦できる強靭なメンタルを身につけられるのか。

 

ある警察官が、教えてくれた。

f:id:haruki19940608:20200316225150p:plain

こちら葛飾区亀有公園前派出所より引用

両さん…。

 

両さんやヒカキン氏も言うように、”失敗を失敗で終わらせず、プラスに変える”ことが重要なのだろう。

 

じゃあ、どうすれば失敗をプラスに変えれるか?

それは、”全力で本気の失敗をするしかない”

 

クルクルパーマも言っている。

f:id:haruki19940608:20200316225656p:plain

宇宙兄弟より引用

 

中途半端に「失敗してもいいや」と行動してはいけない。

失敗したとき、「もうやめよう」と簡単に逃げれてしまう。

しかし、”全力で本気で行動”して失敗した時、ものすごくショックだが、大きな反省を得る。

 

反省することで、「次はもっとこうしたい!挑戦したい!」と考える。

 

また、「失敗」は人生にとって、他にも重要な役割を果たす。

 

失敗は資産になる

f:id:haruki19940608:20200316212655p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212720p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212754p:plain

卒業式が出来なかったみんなへ、ヒカキンより。より引用

 ヒカキンは220万円の財布を落としたことを、自信の動画コンテンツに昇華し、笑いに変えた。プラスに変えた。

 

”失敗は*資産になる”ことを証明している。

*ここでの資産は、将来価値を生むであるモノを総称して定義している

 

あなたは、”成功体験”と”失敗体験”どちらが資産価値があると思うだろうか。

僕は”失敗体験”の方が価値があると考えている。

 

資産には以下の図のように、”減価償却”という原則がある。

これは、年月が経つにつれ、価値が減少するという話だ。

f:id:haruki19940608:20200316231932p:plain

グロービス学び放題から引用

”成功体験”をこの減価償却に当てはめると、陳腐化されて価値がなくなるまでの寿命が短い。

”失敗体験”をこの減価償却に当てはめると、陳腐化されず価値がなくなるまでの寿命が長い。

 

たとえば、僕の成功体験でいうと、高校時代に自転車ロードレースの”インターハイ出場”を果たしている。

 

これを社会人のいま、活かそうと思うと、資産価値があまりない。

とっくに価値がなくなってしまったのだ。

 

 

僕の失敗体験で、高校時代にロードバイクが両輪パンクし、45km離れた自宅まで押して帰ったことがある。泣いた。

 

この失敗体験は、社会人になったいまでも活きている。

 

どう活かしているかというと、「なくて困るものは予備を持ち歩く」という行動を取るようにしている。

 

これは、自転車がパンクした際、予備のチューブを持ち歩いていなかったことを教訓に得たことである。

 

財布を落として盗まれていいように、長財布と別にがま口財布をポケットに忍ばせている。盗まれちゃダメだけど。

ボールペンは常に2本持ち歩く。

 

こんな感じで反省を活かし、”失敗体験”の方が人生にプラスになっている。

また、”失敗体験”の方が鮮明に記憶に残るのは、以下の理由があると考える。

脳には全ての経験を記憶しておくほどのスペースがないため、一番重要なものや将来必要になるものだけを保存しておこうとうする

Lila Davachi ニューヨーク大学 心理学助教 より

 

きっと人間の記憶には、感情的な体験が普通の体験よりも記憶に残り、失敗したことはより記憶しておくようにメカニズムされている。

 

それは将来、有益な方向へいくために使え、危険を察知することにも繋がるのだろう。

 

失敗は人生のプラス要素になる

f:id:haruki19940608:20200316212835p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212912p:plain

f:id:haruki19940608:20200316212932p:plain

卒業式が出来なかったみんなへ、ヒカキンより。より引用

今更ながら、ヒカキン氏について調べてみた。

2007年に新潟県立新井高等学校を卒業。

その後、上手いビートボクサーが集中する東京に活動拠点を移し、スーパーマーケットの店員の仕事をしながら生計を立てていた。

 

当時は自分の銀行口座を持っていなかったため貯金はなく、親から貰った2万円のみで上京したという。

 

それからは、夜の社員寮の浴室や自室などで安いマイクを使ってビートボックス動画を何回も撮影し、その中で100%上手くいったと思えるものを厳選し、月12本ずつ動画をアップロードしていた。

HIKAKIN - Wikipediaより

 

まず、僕と同じ高卒なことに驚いた。

それから新潟から上京し、好きなビートボックス動画を撮影してYouTubeにアップし続けたら、日本で一番有名なユーチューバーになったのだ。

 

ヒカキンという存在自体が”ドラマ”である。

 

本人は卒業式の動画では、自身について、多くを語らなかった。

だが、財布を落とした経験に限らず、これまでの自身の人生で得てきた、「”失敗”はプラス要素になる」ことを伝えたかったに違いない。

 

まとめ 

ヒカキン卒業式から学ぶ、「”失敗”はプラス要素になる」という話でした。

 <今日のまとめ>

・「失敗」を恐れ、自分の行動を制限し、変化を恐れてはならない

・”失敗を失敗で終わらせず、プラスに変える”ことが重要

・どうすれば失敗をプラスに変えれるか? それは、”全力で本気の失敗をするしかない”

・”失敗体験”の方が自分の人生にプラスになっている

 

人生、失敗してもいい。

誰かに笑われてもいい。

大事なのは、それらを”プラス要素”に変えるための行動を起こすことだろう。

 

そして、僕からも伝えたい。

卒業生のみなさん「心より卒業、おめでとうございます。」

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのはるきち(@harukichi_macho) 

 

〜「キャリログ。」では、高卒キャリアを歩んできたキャリアコンサルタントが毎朝7時にあなたのキャリアに役立つ情報お届けします〜

 

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

twitter.com