キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

考える力がない人はファクトで物事を考えることを知らない

「考える力は、どうすれば磨けるの?」

 

そんな悩みを持つビジネスパーソンも多い。

少なからず、僕は20代前半のとき、悩んだ。

 

なぜ悩んだか?

ビジネスにおいて「考える力」は、必須能力だから。

 

野球でいう「捕る・投げる」に値するだろう。

つまり、ビジネスにおいて「考える力」がないというのは、野球でいう「捕る・投げる」ことが上手くできないのと同意。

 また、ビジネスで「考える力」が不足するのは、非効率を生む。

 

絶対的な正解はないのだが、1つ有効的な最適解を数年かけ、僕は身につけた。

今回は「考える力」を磨くために有効的な思考法を紹介したい。

 

 

ファクトベース思考とは?

 「考える力」がないとは、どういうことか?

 

物覚えが悪いことか?

勉強ができないことか? 

自分の頭で考えることができないことか?

 

答えは「客観的に納得できる最適解」を導き出せないことだ。

僕はそう考えている。

 

では、どうすれば「客観的に納得できる最適解」を導き出すのか?

 

最も手っ取り早いのが、ファクトベース思考を活用すべきだ。

 

ファクトベース思考とは、「事実・データに基づいて物事を考える」思考法である。

 

また、論理的思考の土台となるのが、このファクトベース思考だ。

論理的思考は、ファクトベース(事実・データを基に)に論理構築し、結論を導き出す。

 

その上で欠かせないのが、ファクトベース思考なのだ。

では、このファクトベース思考はどんな利点があるのか?

 

ファクトベース思考で語るべき3つの理由

正しい事実を元に考えたことは、論理構築が多少粗くても客観的に納得させることができるが、なぜだろうか。

 

ファクトベース思考で語るべき理由は、大きく3つある。

 

①ファクトは論破できない

「総務省統計局のデータによると、日本の人口は約1億2595万人だ」

統計局ホームページ/人口推計(令和元年(2019年)10月確定値,令和2年(2020年)3月概算値) (2020年3月23日公表)

 

そういわれて、あなたは反論したいだろうか?

反論できないはずだ。

 

なぜなら、ファクト(事実)は誰にも否定できないから。

ファクト(事実)は最強の根拠や理由となるのだ。

 

コナンくんも事件が起きた際には、まずファクト(事実)を集める。

犯人を割り出すため、最も重要な証拠だと認識しているからだ。

f:id:haruki19940608:20200412232933p:plain

漫画「名探偵コナン」より

②ファクトは客観性を担保できる

ファクト(事実)については、反論できないと述べた。

反論できないということは、「客観性がある」ということだ。

 

ファクト(事実)で語る全ての事柄には、「客観性」が担保される。

つまり、自分の主張を補強する根拠として有用なのだ。

 

「明日は雨が降ると思います」

「今朝の天気予報では、90%の確率で明日は雨が降るといってました」

では、どちらが客観的な説得力を感じるだろうか?

 

間違いなく後者のはずだ。

ファクト(事実)は、強い「客観性」を持つのだ。

 

③ファクトは感情を切り離す

ビジネスの現場で、よく意見を語ってしまい説得力を欠く人がいる。

 

たとえば、こう語る人がいたとする。

「部長、営業部Eチームはほとんど機能していないです。人件費を削減した方がいいと思います」

 

これを聞いて、「そうか、じゃあ営業部Eチームの人員整理をしよう」と考える営業部長はいないだろう。

 

なぜなら、あくまでこれは「意見」だからだ。

「意見」は人を納得させることが難しい。

「意見」には100人いたら100通りの答えがあるから、信憑性の担保が難しいのだ。

 

もしこう答えていたらら、どうか。

「部長、営業部Eチームですが、1人あたりの営業利益は他チームに比べて50%以下です。

この原因は、クライアント数に対する営業社員が余剰であることが原因です。

営業社員を30名から15名に減らすべきです。そうすれば、他チームと同等の営業利益を確保できます。」

 

これを聞いた営業部長は、「そうだな。人員整理できるように人事に働きかけるよ」と重い腰を少しは上げるはずだ。

 

ファクト(事実)は意見と異なり、100人が見ても1通りしか存在しない。

個人的な好き嫌いといった感情を切り離すことで、ビジネス効率を最大化するのだ。

 

100通りの意見を集めるよりも、1つの事実を集めた方が人を説得しやすいのだ。

的外れなとこで頑張っては、人を説得できないのだ。

f:id:haruki19940608:20200412235337p:plain

漫画「インベスターZ」より

 

ファクトベース思考の欠点

ただ一つ、ファクトベース思考に欠点があるとすれば、事実・データを集めるのに時間を要することだ。

なぜなら、誤った事実・データを集めては、正しい結論を出すことができない。

人を説得することができないのだ。

 

だが、これは訓練したら効率的にファクト(事実)を集める能力は身につく。

大きな心配はない。

こちらの鬼速で仕事を終わらせる方法を見れば問題ないだろう。

 

ファクトベース思考は課題を明確化させる

ビジネスで最も苦労するのは何か?

それは課題を明確化させることだ。

 

答えがないビジネスの現場では、日々業務改善や利益向上を目的に課題解決が日常茶飯事である。

 

そこでファクトベース思考が役に立つ。

ファクト(事実)は課題を抽出し、明確化させるのだ。

 

たとえば、客が入らず売上が低迷するラーメン店があるとする。

この店の売上が低迷する原因をファクトベース思考で考えてみよう。

 

ファクト① 町の商店街の中にある

ファクト② 客層は高齢者が多く、若い人は少ない

ファクト③ ちょうど1年前から売上が低迷し、月40%ダウン

 

この3つのファクト(事実)だけでも、様々な課題が想像される。

課題① 町の商店街はシャッターを締めた店も多く、人通りが減っている

課題② 高齢者は食が細く、単価が低い

課題③ ちょうど1年前に商店街の中に二郎系ラーメン(競合店)が出現し、お客が流失して月40%ダウン

 

あくまでどれも仮説だが、この仮説を否定できる人はいない。

なぜならば、ファクト(事実)を元に立てた仮説だから。

ファクト(事実)は否定できないので、この仮設も否定できないのだ。

 

あとは、仮説検証して仕事を進めていけばいいだけの話。

ファクトベース思考は、効率的に課題を抽出し、明確化することができるのだ。

 

まとめ

今日のまとめ

・「考える力」がないとは、「客観的に納得できる最適解」を導き出せないこと

・「客観的に納得できる最適解」を導き出すにはファクトベース思考を活用するべし

・ファクトベース思考で語るべき理由は、大きく3つ

①ファクトは論破できない

②ファクトは客観性を担保できる

③ファクトは感情を切り離す

  

考える力がない人は、ファクトで物事を考えることを知らない。

ファクトベース思考を活用し、誰もを唸らせるような提案や報告に活用しよう。

 

ビジネスマンにとって、ファクトベース思考は欠かせない存在だ。

僕も、これから先ずっとお世話になるだろう。 

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのHARUKICHI.(@harukichi_macho) 

 

↓キャリア相談、話を聴いて欲しい方はこちら

harukichi3.base.shop

 

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

twitter.com

 

You Tubeもやってます!(チャンネル登録よろしくです)

youtu.be