キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

ロングテールを知れば、無駄な努力は何一つないと気づき、何事にも手を抜かなくなる

f:id:haruki19940608:20200313225713j:plain

努力

 

 無駄な努力したいですか?

 

「どうせ結果を出すなら、効率的な方法で結果を出したい。無駄な努力なんてしたくない。」

 

そう思うのが一般的かもしれない。

皮肉にも、この男は何事もなかったように人の努力をあざ笑う。

f:id:haruki19940608:20200313210421p:plain

ハンターハンターより引用

 

最初から無駄だと思っている努力、しないほうがマシなのか。

本当に”無駄な努力”存在するのか?

 

 

努力は報われると限らないが、報われた人は努力している

「努力は報われる。」

小学生の吹奏楽クラブに入った時、顧問の先生に教わった。

 

だが、こうして大人になれば、いわずもがな。

「報われる努力の方が圧倒的に少ない」

さもありなんと思う。

 

勉強、恋愛、仕事でも、自分なりに努力したであろうはずが、ことごとく結果が出ない。

そんな日が続くときが誰しもある。

 

結果が出ないことが続くと、努力すること自体を諦める。

結果が出ず、諦めた努力は無駄だと考える人もいる。

 

僕が信頼する、とあるジムの会長はこんなことを教えてくれた。

f:id:haruki19940608:20200313210548p:plain

はじめの一歩より引用

 確かに。

努力が報われるかわからんけど、報われた人は皆努力している。

 

職場に東大卒の先輩がいる。

「学生時代、努力して勉強したんですか?」と聞くと、「ちょっと勉強したよ。」と答えた。

 

そこで、「じゃあ、受験生時代、一日どのくらい勉強してたんですか?」と聞いた。

 

その答えは、「一日16時間くらいかな。それを高2の夏から、500日くらい。」

 

単純計算で、この人は16時間×500日=8000時間、勉強していた。

圧倒的な努力をしていた。

 

これを「ちょっと勉強したよ」と、本人はあまり努力だと思っていないことに衝撃を受けた。

 

世の中、努力が報われないことはあっても、報われた人はすべからず努力しているのだろう。

 

8割の無駄な努力が結果に結びつくことだってある

僕は昔、声高らかに「2割の重要な行動が、8割の結果を生む」と話した。

企業活動における売上は、全体の2割を占める売れ筋商品が、8割の売上を生む事実を転用した言葉だ。(これをパレートの法則という)

 

詳しくはこの記事にまとめてある。

www.haruharu-career.com

 

では、残りの8割の行動は”無駄な努力”か?

それは無駄でないと、ロングテールが説明してくれる。

ロングテール戦略とは、「少数の人気商品に頼るのではなく、その他大勢のニッチな売れない商品の販売量を積み重ねることで、全体の売上げを確保する」という理論です。

ロングテール戦略とは? Amazonが売上げをアップしている方法より引用

 

これを取り入れている企業が、AmazonというECサイトを運営している会社だ。

僕もよくお世話になっている、ネット通販サービスを提供している会社。

 

ロングテールを図に表すとこのようになる。

f:id:haruki19940608:20200313214212p:plain

ロングテール現象<システムの活用<Web教材<木暮仁より引用


Amazonでは、このロングテールにより、莫大な売上をあげている。

80%のあまり売れない商品によって、

20%の人気商品が支えられ、売上を伸ばし続けている。

 

一見、売れてない商品はやめて、2割の商品だけに絞ればいいと考えてしまう。

だが面白いことに、それを行うと人気だった2割のうち、何割かが売れなくなるという。

 

たとえば、回転寿司のネタが100種類あった店が、人気のネタ20種類だけになったとしよう。

僕が大好きな”納豆巻”が、間違いなく消える。

f:id:haruki19940608:20200313220343p:plain

納豆巻き(キューピーより)

今日はもう1皿食べたかったけど、 ”納豆巻”ないなら、お会計しようと思う。

もはや、別の店でお寿司を食べたいとすら思う。

このように、ロングテールで顧客(僕)を離さずに売上を伸ばす事例が、山ほどあるのだろう。

 

物事に対する努力も同じかもしれない。

 

高校球児は、仲間と大好きな野球で甲子園を目指すため、努力する。

その努力している彼らのほとんどが、スタンドを盛りあげ応援している。

 

甲子園では、200人の部員の内、18人しかベンチ入りできない。(強豪の場合)

残りの8割以上はスタンドだ。

f:id:haruki19940608:20200313220507p:plain

慶應義塾にしか作れないアルプススタンド - 房総球奏考より引用

 

「野球」をしたいのに、スタンドメンバーは「応援」をしている。

「応援」を頑張っても、自分の野球をする出番はこないのにだ。

 

これを、”無駄な努力”だと思って手を抜いたらどうなるか。

スタンドに応援する高校球児がいなくなったらどうなるか。

 

f:id:haruki19940608:20200313220648p:plain

https://twitter.com/kbyan3095/status/896004186998841346より引用

 

観客にとって、甲子園がつまらないものになる。

もちろん選手にとってもだ。

甲子園を支えているのは、紛れもなくスタンドメンバー。

8割以上の熱い声援と汗、それが甲子園という舞台を完成させている。

 

だから、”無駄な努力”など存在しない。

8割の無駄と思えることは、必ず結果に結びついている。

”無駄な努力はない”のだろう。

 

努力のロングテールを知れば、何事にも手を抜かなくなる

”無駄な努力”がないことはわかった。

では、無駄だと思う努力でも、頑張り続けるにはどうすればよいか?

拷問じみた、掘った穴を埋める作業をやらされた時、どう対処するか。

 

先ほど”ロングテール”を理解し、無駄だと思う8割のことは、実は必要だと気づいた。

これはつまり、努力にも”ロングテール”が存在しているのかもしれない。

 

努力が報われるまでを、期間で表すとする。

例えば、100日で報われる努力がある。

 

この努力は、残念ながら80日を過ぎてから少しずつ報われる努力だ。

80日の間は、ほぼ報われない。

 

図に表すとこうなる。

f:id:haruki19940608:20200313235008p:plain

 

80日過ぎるまでは、15%しか報われない。

だが、80日過ぎて、100日努力を継続できれば、100%報われる。

 

こんな努力だったら、頑張って100日は継続しようと思える。

 

日常では、努力が報われる日がわからない。

だが、必ず報われ始める変化点がくるはず。

それがくるまで、じっとこらえて継続して努力するしかない。

 

結果がでなくて、自信や才能を失くすときもある。

でも、継続しよう。

努力する人を、ロック・リーは応援してくれる。

f:id:haruki19940608:20200313224234p:plain

ナルトのロック・リーより引用

 

報われない努力があるとすれば、まだ報われていないだけ。

継続が足りていない、だけかもしれない。

 

「報われる期間が必ずくる」と信じよう。

それまでは、じっとこらえて耐え抜くしかない。

 

ゾロのように耐え抜くしかない。

f:id:haruki19940608:20200313224126p:plain

ワンピースのゾロより引用

 

そう思えれば、結果が出るまで”何事にも手を抜かなくなる”

 

みんなの努力が、報われる日は絶対にくる。

 

まとめ

本日は「ロングテールを知れば、無駄な努力は何一つないと気づき、何事にも手を抜かなくなる」という記事でした。

 

<今日のまとめ>

・努力が報われないことはあっても、報われた人はすべからず努力している・

・無駄な努力など存在しない。

8割の無駄と思えることは、必ず結果に結びついている。

・報われない努力があるとするならば、まだ報われていないだけ。

そう考えれば、”何事にも手を抜かなくなる”。

 

「報われるまで書き続けよう。」

自分も、そう思いながら書きました。

手を抜かずに。

 

お互い、がんばろう。

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのはるきち(@harukichi_macho) 

 

〜「キャリログ。」では、高卒キャリアを歩んできたキャリアコンサルタントが毎朝7時に朝刊をお届けします〜

 

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

twitter.com