キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

見えてる世界の受けとり方を変えれば、会社を辞めずに済むかもしれない

f:id:haruki19940608:20200318231601j:plain

会社を辞める

「僕、今日で会社辞めます」

 

先日、後輩が会社を辞めた。

「この会社にいても、楽しくない」らしい。

 

まだ彼は20歳だ。

高卒で働いて2年、この会社で”働く意義”を見失ったのだろう。

 

「新天地でも達者でな。辛かったら戻ってこいよ」

そんな言葉を贈り、別れを告げた。

 

人それぞれ価値観は違う。

自分の意志で辞める彼を、引き留めはしなかった。

 

僕はこの会社の経営者ではない。

だが、彼が”楽しくない”と告げたことに、申し訳ないと思った。

仕事を楽しくないと感じていることに、僕は気づけなかった。

 

「次の職場も特に決まってないです。でも、営業やってみたいんです」と、不安そうに彼は語った。

 

きっと彼の見る世界は、いまの会社で働くことに一切の希望がなくなり、何かを変えたくて、勇気をふり絞り”退職”という決断をした。

 

別に”退職”は悪いことじゃない。

自分の信念が、退職することが最善と判断したならば、カッコいいじゃないか。

カッコいい判断は後悔しないと、この記事で説明した。

 

いまに始まった話じゃないが、若手社員が退職する問題は、何年経っても解決されない。

あのトヨタですら、若手社員の退職が問題視される。

そのことはこの記事に書いた。

 

そんな”会社を辞める問題”に、一石を投じたい。

彼はどうしたら、会社を辞めずに済んだのか。

 

 

人は見えている世界をどう受けとるかで、世界の見え方が変わる

 

「ピンチはチャンス」

 

そんな言葉がある。

見方を変えれば、”ピンチなような出来事もチャンスになる”という教えだ。

実にアツくて前向きな言葉だ。

 

僕が知っているテニスプレーヤーの彼は、ピンチという崖っぷちを愛している。

暑苦しいくらいに。

f:id:haruki19940608:20200318211501j:plain

松岡修造カレンダーより引用

 

彼の言葉を引用するとこうだ。 

 

人は、大ピンチの時ほど本気になり、自分の想像すら超える力を発揮できるようになる。

 

「崖っぷち」ほど、自分を成長させてくれるものはないんだ。

 

だから、僕はいつも意識的に小さな崖っぷちをつくっている。

 

時には、がけから落ちることもあるけれど、それでもいいんだ。

 

崖から落ちたら、心底悔しい。

その悔しさが、次の崖っぷちに挑む気持ちにつながるんだから。 

[日めくり] まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージより引用

 

流石に崖から落ちたらダメだろ〜。死んじゃうよ。

そして崖っぷちに大小あるんだね、修造さん。

 

さて、崖っぷちに立った際にそれをチャンスと思う人もいれば、ピンチと思う人もいる。

この差は何なのか?

 

同じ「崖っぷち」に立ち、見えている世界は同じなのに、受けとり方が違う。

たとえば、有名な話にコップ理論がある。

 

水が半分入っているコップがある。

そのコップを見て、「半分しかない」と考える人もいれば、「半分もある」と考える人がいるのだ。

f:id:haruki19940608:20200318233705p:plain

両面思考になろう!プラス思考もマイナス思考も、人を動かす原動力 - NAVER まとめより引用

 

なぜ、”人は見えている世界をどう受けとるかで、世界の見え方が変わる”のか。

この謎を解き明かす必要があるようだ。

 

論理療法は悩みを解決し、世界の見え方を変える

”人は見えている世界をどう受けとるかで、世界の見え方が変わる”理由は、解釈の違いによるものだと考える。

 

 心理学の世界では、「論理療法」と呼ばれるカウンセリング技法がある。

 

論理療法とは、1955年ごろにアメリカの臨床心理学者であるアルバート・エリスによって提唱された心理療法です。

 

基本的な理論は、人の悩みというものは、出来事そのものから生み出されるものではなく、出来事の受け取り方によるものだということ

 

受け取り方を変えれば悩みはなくなるという解釈です。

 

わかりやすく言うと、出来事と結果との間に非論理的な固定観念や信念、思い込みによる解釈が入ることが、悪い結果を生み出すという考え方です。

 

論理療法は、出来事に対しての非論理的な解釈を、論理的な解釈に改善することで、生み出される結果を変える(良くする)というものなのです。

 

論理療法とは|心理カウンセラー講座ガイドより引用

 

この療法は、”あるできごとの結果を自分の解釈で受け取る”のではなく、”合理的に解釈した結果を受け取る”ことで、多くの悩みは解決されるという。

 

たとえば、前述した彼は「仕事が楽しくないから会社をやめる」 という結果を選択した。

できごと:「仕事が楽しくない」

自分の解釈:「この会社にいる限り、仕事は楽しくない」

結果:「だから会社をやめるべきだ」

 

自分の解釈では、できごと→結果の間に「非合理的な信念」が存在する。

これは、主観的な感情である。

彼は”仕事が楽しくない”ことに対し、定かではない”この会社にいる限り、仕事は楽しくない”と悩み、”会社を辞める”という結果を”自分の解釈”で受けとった。

 

これを合理的に解釈するとこうなる。

できごと:「仕事が楽しくない」

合理的な解釈:「この会社では、仕事で成長できる機会が与えてもらえず、楽しくないと感じる」

結果:「だから会社をやめるべきだ。成長できる機会が欲しい。

 

合理的な解釈は、できごと→結果の間に「合理的な信念」が存在する。

これは、客観的な事実に基づく解釈である。

 

もし彼が、”仕事が楽しくない”ことに対し、事実であろう”仕事で成長できる機会が与えてもらえず、楽しくない”ことに悩み、”成長できる機会が欲しい”という結果を受けとったとする。

 

このことを上司や先輩に相談し、成長できる機会を与えてもらい、会社を辞めることを踏みとどまったかもしれない。

会社を辞めずに済んだ可能性があった。

 

この話を概念体系でまとめると、こうなる。

「A:できごと」により引き起こされた心理的な問題は、そのできごとに対して、その人の「B:信念(感情)」が不適切な解釈をした「C:結果」といえる。

 

その解釈を修正し、正しい解釈ができるように導くことが、論理療法による治療的アプローチだそうだ。

 

これをまとめると、以下の図になる。

C  =”非合理的な信念”を解釈した結果

C❜=”合理的な信念”を解釈した結果

abc理論

ABC理論とは|論理療法(ABCDE理論) | カウンセラーWEB:心理学・カウンセリングの基礎知識より引用

 

ではなぜ、人は”非合理的な信念”を解釈し、結果に悩んでしまうのか。

 

人は非合理的な解釈をする生き物である

何とも悲しい知らせだが、人は基本的に”非合理的な解釈”をすることが多い生き物だ。

このことを、イラショナル・ビリーフ(非合理的な解釈)とよぶ。

※ちなみに合理的な解釈をラショナル・ビリーフと呼ぶ

 

イラショナル・ビリーフは、以下4つの特徴がある。

 

<イラショナル・ビリーフ4つの特徴> 

①事実に基づいていない
②全く論理的ではない

③気持ちを惨めにさせる

④否定的・悲観的な内容

 

イラショナル・ビリーフは、「~でなければならない」「~であってほしい」といった願望と事実が絡まっている。

論理療法とは|心理カウンセラー講座ガイドより引用

 

これを論理的に否定し、感情と事実が絡まっているイラショナル・ビリーフを紐解くのが、論理療法なのだ。

 

そして、自分が抱えているイラショナル・ビリーフに対し、セルフチェックで解決に導く方法がある。

論理療法では、今考えていることを、自己チェックします。チェックするポイントは以下の4つ。


1.論理的か
2.柔軟か
3.現実的か
4.役に立つか

 

例えば「見積書の計算を間違えてしまった。自分は社会人として失格だ!」と、考えたとします。

 

1.論理的か
計算を間違えてしまっただけで、ビジネスマンとして失格とは論理的ではない。

 

2.柔軟か
1度の失敗で、自分自身の力量を判断してしまうのは、あまりにも硬い考え方。

 

3.現実的か
どんなに賢い人でも、失敗する。1度の間違えで自分自身を否定しまうのは、現実的とは言えない。

 

4.役に立つか
社会人失格と自己否定することで自身をなくし、成長を妨げるのは、自分にとっても周りの人間にとっても全くメリットがない。つまり、何の役に立たない。

 

客観的にチェックしていくと、考えていたことが非論理的であることが分かります。

 

そう考えることで「何をしてもダメな人間だ!」というような、自分の首を絞めるような思考から脱出できるのです。

 

マイナス思考になってしまった時は、4つのチェックポイントで、客観的に見直してみることが必要です。

 

論理療法とは|心理カウンセラー講座ガイドより引用

 

ぜひ、自身の悩みの原因が分からなければ、イラショナル・ビリーフかどうかセルフチェックしてほしい。

 

イラショナル・ビリーフを解決すれば、見えてる世界の受けとり方が変わり、会社を辞めずに済むかもしれない。

 

まとめ

会社を辞めようか悩んだ時、ぜひ自分に問いかけてほしい。

会社を辞めるのはなぜか? 

合理的な信念に基づくものか?

 

<今日のまとめ>

① 人は見えている世界をどう受けとるかで、世界の見え方が変わる

② ①は、解釈の違いによるもの

③ 論理的な解釈と非合理的な解釈が存在する

④ 非合理的な解釈は、論理的か・柔軟か・現実的か・役に立つかを考えれば、合理的な解釈に正すことができる

 

この結果、見えてる世界の受けとり方が変わり、会社を辞めずに済むかもしれない。

  

僕も20歳の時、「勉強がしたいから会社を辞めます」と上司に退職願を叩きつけたことがある。

幸いにも、優しい上司だった。

 

一緒になって、「じゃあ会社で勉強できる方法を考えよう」と協力してくれた。

 

どんな勉強がしたいのか、大学じゃなきゃできないことか、そもそも何のために勉強したいのか、一緒に考えてくれた。

「どうしても勉強したかったら、会社に勤めながら夜間大学に行けばいい」とまで言ってくれた。

 

悩んだ末、大学に行かなかった。

会社で働きながら勉強することにした。

 

理由は、僕はただ「会社じゃ勉強できない」と決めつけ、悩んでいるだけだった

(イラショナル・ビリーフに悩まされていたのだ)

見えている世界の受け取り方を変えたら、僕の悩みは消えた。

 

「働きながら、この会社で勉強できる」と気づいた。 

僕だけの話に限らない。

もしかしたら、見えてる世界の受けとり方を変えれば、会社を辞めずに済むかもしれない。 

 

以上。

今日はこんなところで。 

 

−書き手−

キャリアコンサルタントのはるきち(@harukichi_macho) 

 

〜「キャリログ。」では、高卒キャリアを歩んできたキャリアコンサルタントが毎朝7時にあなたのキャリアに役立つ情報お届けします〜

 

この記事が良かったらシェアよろしく! 

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

twitter.com