キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

キャリアコンサルタント”はるきち”とキャリログ。について

f:id:haruki19940608:20200425121129j:plain

 

このページをご覧いただき、ありがとうございます。

僕は、キャリアコンサルタントの”はるきち”(ペンネーム)と申します。

 

当ブログ、「キャリログ。」の管理人です。

”キャリログ。”とは、サラリーマンのキャリアを応援するwebメディアです。ビジネススキル、キャリアの悩み、書評、就職・転職に関する情報を発信しています。

 

私は一部上場企業のサラリーマン歴8年の生産技術エンジニアで働く傍ら、キャリアコンサルタントをしています。(国家資格キャリアコンサルタント保有)

 

自分がサラリーマンとしてのキャリアで悩んだことをキッカケに、キャリアコンサルタントの資格を取得し、若い世代のサラリーマンのキャリアを応援するために毎日記事を書いて発信しています。

 

自分自信、普段はサラリーマンとして、一部上場企業で働いている25歳の会社員です。

その傍ら、キャリアコンサルタントとしても発信活動としてブログを活用しています。

 

特に自分が社会貢献したい領域は、高卒者の就労支援です。

自身も高卒キャリアを歩んだ経験を元に、これからの若者を支援できたらと思います。

 

一方、自信のサラリーマン歴8年の経験を元に、働く上で役立つ情報をみなさんに提供します。

 

ここからは、僕について、詳しく語らせてもらうので、興味のある方お付きあいください。

泣いて喜びます。

 

興味なくても、このページ閉じないでね!

 

 

はるきちとは?

f:id:haruki19940608:20160904183024p:plain

 

はるきちの簡易プロフィール

高卒社会人8年目25歳。

一部上場企業の工場で、肉体労働を3年経験後、知識労働者へ社内転職。

現在は生産技術エンジニアとして、化粧品の新製品立ち上げや新技術開発、プラント開発を仕事にしている。

 

その傍ら、日本の高卒就職者のキャリア支援に特化したキャリアコンサルタントとして、活動。 

 

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア「キャリログ。」を運営しており、月間1万人に役立つ情報を届けている。

 

キャリログ。について 

当ブログは、キャリアで悩む人を応援するメディアとなっています。

外的キャリアと内的キャリアの形成に必要な情報について発信しています。

 

外的キャリア:職業、地位、資格、年収など

内的キャリア:働きがいや生きがい、働くこと、生きることに関する価値観

 

現在は1ヶ月に約1万人の方々が訪れるブログとなっており、様々なキャリアテーマを取り扱った記事を執筆しています。

 

更新は毎日記事を配信しています。

ツイッターのフォローか、はてなブログの読者登録で、毎日簡単に記事が届くよ!

 

twitter.com

 

HARUKICHI.の経歴

幼稚園

補助輪なしで自転車に乗り、友達に乗り方を伝授

想い出:園の先生にもお墨付きを頂くほどの自転車好き

 

小学校

部員100人中、男子10人以下の吹奏楽部で、女社会を生きる為の処世術を会得

想い出:チューバとかいう、「ただ大きいだけ」の金管楽器を吹き散らかしていた。

そして、女子の圧倒的多さに肩身を狭くしながら、

「社会とはこういうものか」と悟った。

 

中学校

部員20人の野球部を9番レフトでチームを牽引

 

想い出:部活の帰り道に、コンビニでの買い食いがバレ鬼のように怒られる。

この時学んだのは、「チームワークとか俺には向いていない(泣)」という気持ちだった。

しかし、ある程度の協調性というものが世の中で必要だと気付いたのもこの時。

 

高校

自転車競技部で120000km自転車に乗る

 (インターハイ2度出場)

 

想い出:自転車に乗りすぎて血尿が出た。

ここで学んだのは、「自転車の乗り過ぎは体に良くない」だ。

 

社会人

毎日工場勤務でシャンプー・コンディショナーの製造に明け暮れたのち、現在は化粧品を生産するための技術開発やプラント開発を仕事にしている

 

想い出:現場時代は、「今日だけ頑張る。今日を頑張り抜いた者にのみ、明日がやってくるんだよ。」という、漫画カイジのセリフが頭の中を駆け巡っていた。

働くことでの意義は、自分にしか見い出せないと気付いた瞬間だった。

 

現在

仕事の傍ら高卒のキャリア支援をすべく、キャリアコンサルタントの資格取得して、キャリア支援活動をしている。

具体的には、高校生の無料キャリア相談や、ブログでのキャリア情報発信を主としている。