キャリログ。

キャリログ

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

人々が悩むキャリアに関する話

仕事、人間関係、将来のキャリアプランの悩みについての記事

26歳になって思うこと感じたこと書きたいことは親への感謝しかない

今日でこの世に生まれて26年が経過した。 誕生日というのはどうも苦手で、人を祝うことは好きだが、どうも人から祝われるのは苦手。 どんな反応していいのか分からないのだ。 もちろん「誕生日おめでとう!」と言われて笑顔で「ありがとう!」と答えるくら…

大人になって頑張りが報われないときは、前を向いて開き直るしかないってばよ

大人になって驚いたことがあるってばよ。 大人になってというか、社会人になり働くようになってからの話だけどな。 驚いたことは「頑張りが報われない」ことだってばよ。 あまりにもこの現実に慣れすぎて、大人は子どもにそのことが如何に大切なことかを伝え…

仕事はプライドを捨てるのでは無く、受け入れるということ

「くだらねぇプライドなんて捨てちまえ」という人がいる。 プライドを簡単に捨てられるならば、おそらく、捨てたいと思う人も多いだろう。 人は簡単にプライドは捨てられない。 プライドには自分の生きてきた全ての時間が濃縮され、その人のある種、人格を形…

不器用な人ほど、文章を書いて伝えるコミュニケーション能力を養うべき理由

僕、口ベタで話するの苦手なんですよね。 人見知りということではないけど、おそらく、考えていることを言葉にして話すこと、好きじゃないんです。苦手なんです。 だから苦手を克服することも大事だけど、それを受けれることも同じくらい大事かなと僕は思い…

キャンプ芸人「ヒロシ」から学ぶ”なりたい自分”に正直な生き方とは?

僕、キャンプが好きで、キャンプ芸人のヒロシさんの動画をよく見ます。 ヒロシさんといえば、 「ヒロシです・・・」のネタが記憶に残る方も多いですかね。 僕の中では、キャンプ芸人として、ユーチューバーとしてのヒロシさんの方が印象に残ってるんですけど…

「文章力に自信がない」と悩む人に必要なのは、あきらめねェど根性かもしれない

「文章を書きたいなら書けば?」と、自分にいつも問う。 そして、僕は「文章を書きたいな」と答えあわせをして満足した小学生のように、文章を書いている。 そんな僕の考えとは違った意見を持つ人もいるだろう。 「文章力がないから書けない」 「書いても読…

人に気持ちよく仕事を引き受けてもらう3つのお願いの基本とは?

僕がサラリーマンになりたての頃、仕事を人にお願いするのが苦手だった。 人に仕事をお願いする時、嫌な顔をされるからだ。 そんな経験をしたことあるだろうか。 自分がそんな経験をしたのも理由があって、お気楽というか、テキトーというか、そういう類の性…

死ぬ時に後悔する20個のことを考えると、もう少しだけ生きなきゃと思う

今日は少し哲学的な話を。 幽霊は信じないけど輪廻転生は信じる僕の話。 ほら、”釈迦に会って弟子入りして悟り開きたい”みたいな、”中二病でも恋がしたい”とか、誰だって考えるときあるじゃないですか。 「今世紀は難しかったら、来世紀くらいに叶うといいな…

仕事でつまずいた際にを役立つ、簡単に悩みを解決してくれる自問自答8個

仕事でつまづくことは誰にだってある。 「こんなはずじゃなかったのに…」 そんな想定外のトラブルは仕事につきものだ。 学校だったら、先生が何も言わずに助けてくれるし、親が責任を持って守ってくれた。 だけど社会に出たら違う。 ほとんどのトラブルとそ…

僕がはじめてキャリアカウンセリングを体験し、衝撃を受けたときの話

たまには、少しこのブログメディアを運営している理由について話したい。 改めてこのブログについて説明する。 25歳のサラリーマンとして働く傍ら、キャリアコンサルタントの資格を有した僕が、サラリーマンのキャリアに役立つ情報を発信している。 大きく…

人生の楽しさは「喜怒哀楽の総量」で決まり、辛いこと悲しいことがマイナス値にならない

「なんで、やったことない仕事に挑戦しないの?」 と僕は後輩にいった。 「だって失敗したら辛いし嫌じゃないですか」 と後輩は答えた。 そうか、なら仕方ない。 仕事においても人生においても、失敗はつきものだ。 失敗するのは怖いし、好んで失敗する人は…

尊敬する先輩に教えてもらった、仕事に対する心得7箇条

いまは転職してしまったけど、当時、会社で超有能と謳われた、僕が尊敬する先輩がいた。 僕が入社した時から、先輩は異彩を放っていた。 毎年、何食わぬ顔で誰もが想像を超える業績を叩き出していた。 言うならば、ドラゴンボールで僕がヤムチャだとしたら、…

人に聞くことができない人は、ものすごく損をしている話

どうやら大人になると、人は人に聞くことが恥ずかしくなるようだ。 というのも、先日、プリンタのインクが切れてしまったので、家電量販店にいった時の話である。 プリンタコーナーに行くと、ざっと200種類以上のプリンタのインクが置いてある。 「一体ど…

挨拶ができない人は、信頼を獲得不能だから仕事ができない

社会人になって、最初に教わったことは「挨拶」の重要性だった。 学生の頃から、多くの人は「挨拶しましょう」と先生や親からそう教わってきた。 彼らは口を揃えて「挨拶は大事だよ」といっていた。 そんな僕は、学生時代は大切にしていた挨拶も、社会人1年…

タモリさんから学ぶ、仕事で「やる気のあるものは去れ!」という話

僕は「笑っていいとも!」という番組が大好きだった。 お昼のお茶の間を、約32年支えた番組だ。 「笑っていいとも!」より 司会者のタモリさんにとっては、生涯の仕事であり、名司会者としても歴史に刻まれた。 そんなタモリさんが番組で語る、「やる気の…

コミュニケーション力がない人が仕事で活用すれば、自然に人に好かれるフレーズ集

「人見知りでコミュニケーション能力に自信がない・・・」 そんな人は多い。 何を話したらいいのかわからないし、どう返答すればよいものかと悩む。 「どう思う?」と人に聞かれたものなら、「(´;ω;`)ウッ…」となってしまう。 その原因の多くは、おそらく相…

趣味であれば今からやりたいことは何でも自由にできるし、気づけばそれが仕事になる

僕は激怒した。 「好きな仕事じゃないと頑張れない」 そんなことが23歳の時に使っていた、僕の手帳に書いてあった。 25歳のいま、この言葉を見て「甘えてんじゃねぇ」と思った。 というのも、いま現在の僕の仕事に対するスタンスは、好きを仕事にするの…

サラリーマンは火事場の馬鹿力により、仕事ができるようになる

僕の尊敬する先輩の1人に、ストイックな人がいた。 平日は仕事を9−17時で膨大な業務を残業せずに終わらせ、就業後にグロービス経営大学院で週3回2コマの授業をこなし、帰宅後に深夜3時頃まで大学の課題や会社の資料作成をこなす人だった。 おそらく、…

好きを仕事にすると長く続かないなら、どうすればよいのか?

「人生短いのだから、好きを仕事をした方がいいに決まっている」 ”好きを仕事に” 昨今、こんな文句で転職や就職を促す言葉をよく耳にする。 個人的には、”好きを仕事に”することは別に否定するつもりはない。 だが、”好きを仕事に”するには、その覚悟が本当…

上司をいくらバカだと嘆いても、上司を変えることはできない

「上司が何も分かってくれねぇ。バカ野郎。」 そんな悩みを抱えたことは、サラリーマンなら一度はある。 悩みの理由は多種多様だが、共通して言えるのは、 ”自分の思い通りにならない”という点である。 自分がせっかく考えたことが、台無しになったら悲しい…

仕事は成長したいと願うほど、成長から遠ざかってしまう

「社会人5年目なのに、何でこんなに成長できないんだよ…」 昔の僕である。 今年で社会人8年目のサラリーマンだ。 新人の頃、成長ばかり追い求めていたのが懐かしく感じる。 以前、この記事でイチローさんが語った言葉が身に染みる。 成長とは、まっすぐに…

会社で生き抜くために必要な能力は、長い物に巻かれることか?

「社会人として、会社で生き抜くためにどんな能力が必要か?」 学生時代、そんなことばかり考えていた。 意識高い系の学生だった僕は、 「論理的思考力やビジネスフレームワークだろ」 と思いつつ、ビジネス書を読んでいた。 社会人になり8年、んなもんは対…

慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる

「お金持ちになりたい。もっと自由に生きたい」 そんな風に夢を持つ人がいる。 かつての僕のように。 現代では、人の生き方は多種多様だ。 正社員で働くもよし、フリーターをしながら夢を追うのもよし、フリーランスで好きを仕事にするのもよしだ。 インター…

自分にしかできない天職は存在しないし、大きな目標も必要ない理由

「自分だけにしかできない仕事を俺はやるんだ!」 社会人になりたての頃、そんなアツい想いを抱いていた。 だが、社会人になり8年、そんな仕事が存在しないことを知った。 僕はいま、大手化粧品会社の工場で生産技術エンジニアをやっている。 正直言うと僕…

明石家さんまが語る、「努力を認めてほしい人は失敗する」理由

「自分はこんなに頑張っているのに、なんで努力が報われないんだ…」 誰にだってそう思う時がある。 自分なりに、頑張っているのに報われない時が。 だが真実は、残酷にも努力は報われないことがほとんど。 中には、努力よりも楽しむことが大事と語る人もいる…

90歳を超えても新しい夢に挑戦できるから、人生に遅すぎるということはない

「もういい年だし、新しい挑戦なんか無理だよ…」 そう思うなら、そうかもしれない。 だけど、”僕は人生に遅すぎるということはない”と信じたい。 川藤先生のように。 漫画「ルーキーズ」より 昨年の話だが、僕は横浜みなとみらいにある、カップヌードルミュ…

狐と葡萄の話を聞き、人間は合理化すると知れば、対人ストレスが激減する

「対人ストレスに悩まされて・・・」 そう語り、会社を辞める人が後を立たない。 こちらのデータをご覧頂きたい。 【退職届・願い】「一身上の都合」の意味と注意点、「会社都合」との違い |【エン転職】より 退職理由の実に25%は「人間関係が悪かった」…

仕事は「己が下手さを知りて一歩目」であり、本当の成長はそこから始まる

「仕事を通して成長したい」 4月となり、新入社員はそんな想いで業務に励む人も多い。 成長を追い求める気持ちはわかる。 キャリアコンサルタントの立場でいうと、 人生は仕事だけで決まらないので、どうか生き急がないでくれ。 とはいえ、僕も7年前に新卒…

後悔するか悩む時に行動すべき理由は、仮説検証しないと分からないから

「後悔するか悩んで、行動すべきか分からない…」 恋愛、仕事、 人生において、後悔するか悩み、行動すべきか悩む時がある。 悩みの原因は、誤った選択をしたことで失敗したり、費やした時間やお金が無駄になるかもしれない恐怖があるから。 「とりあえず悩ん…

AbemaTV「会社は学校じゃねぇんだよ」から学ぶ、学校と会社の違いは実話

「会社は学校じゃねぇんだよ」 そんなこと、頭では分かっていた。 だが、社会に出て会社に入り、全然分かってないことに気づかされた。 おそらく、僕だけじゃないはずだ。 そう思った矢先、、先日こんなツイートが拡散されていた。 老害っぽいことを言います…