キャリログ。

キャリログ。

サラリーマンのキャリアを応援するwebメディア

キャリログ。

高卒の就職活動で聞かれる質問と意識すべき面接ポイント3つ

高卒の就職活動 2021年9月16日。 本日から、高卒の新卒採用試験がスタートします。 「高卒の新卒採用?」って方も多いかと思いますが、毎年約20万人近い高校3年生が新卒で就職試験を受けた後、就職します。 大学全入時代とはいえ、毎年20万人もの生徒が仕事…

「働きがい」の正体を考えてみたら、仕事に対する姿勢が面白いほど変わる

働きがい 我を忘れて自分の仕事に完全に没頭することのできる働きびとは、もっとも幸福である。 「幸福論」(カール・ヒルティ著)より引用 この言葉を知り、「働きがいがある仕事をしたい」と望みました。 当時私は、化粧品工場で20kgのセメント袋を放…

論理療法カウンセリングでキャリアの悩みは解決するし、若手は会社を辞めない

論理療法カウンセリングでキャリアの悩みは解決するし、若手は会社を辞めない 少し前になるけど、前職の会社で後輩が会社を辞めて去っていく際の話。 「僕、今日で会社辞めます。ずっと前から辞めると決めてたので」 まだ彼は20歳そこらだった。 高卒で働…

新入社員時代に学んだ、工場のPDCAサイクルの意味と具体例が私を支えている

PDCAサイクル 研修講師「工場の仕事では、PDCAサイクルを回して業務に取り組むことがとっても重要ですよ」 入社した際の新人研修で、講師からそう習ったんですよ。 はるきの当時は不真面目な新入社員でした。 正直、心の中では「んなもん知るか」という具合…

工場勤務の正社員を8年勤めて辞めた私が語る、工場で働く仕事内容や将来性を赤裸々公開

工場で働く仕事内容や将来性 「工場勤務って処遇悪いし、将来性なくない?」 そんな不安を抱きながら、何だかんだ工場に8年勤めたはるきです。 世間一般的には、大量消費・大量生産の時代が終焉を迎えたと共に、工場での仕事は身近に感じない人がほとんどに…

仕事の計画実行力がない人ほど「バックキャスト・フォアキャスト思考」をないがしろにする

仕事術って多種多様なモノがあるけど、何学べばいいかよく分かんないですよね。 私もビジネス書を漁るほど読んで、数撃ちゃ当たると仕事術を磨いた時期があるはるきです。 軽く百冊は巷のビジネス書は読んだんすけどね。 中には「秒速で億を稼ぐ成功ノウハウ…

怖くて質問できない原因は「情報の信頼性」に対する知識が不足しているから

人に質問する時、怖くないですか? 特に上司や先輩に質問するのとか。 大人になると、人に質問すること恥ずかしくなりますよね。 質問できない原因として、一般的にこういう意見があります。 「勉強不足だと思われ、反感をえるから」 「会社のルールを壊すこ…

【天網恢恢疎にして漏らさず】仕事で評価されるために悪事を働いても意味がない理由

「バレなきゃ何やっても大丈夫だからw」 「別にお客さんこんなの気づかないから大丈夫よw」 「俺たちが楽して儲かるんだから問題ないからw 気づかないお客がバカなんだよ!」 社会に出ると、悪事を働く人が時々職場や周りに現れます。 若くてまだ経験が浅…

【書評】Good Luck 「運と幸運の違いを知れば、自分で幸せを掴めるようになる」

運と幸運の違い 「運」と「幸運」の違いとは何なのでしょうか? 日々過ごす中で、運がいい日もあれば悪い日もありますよね。 運は自分でコントロールできないと僕は考えていました。 でも、どうやら幸運は自分でコントロールできるみたいなんです。 どうやっ…

本気の失敗には価値があるが、手を抜いてやった場合には価値がない

社会人も9年目になると、様々な失敗の思い出が血となり肉となり、自分を支えています。 自分を根底から支えているのは、失敗した経験ばかりなんです。 特に新人時代は失敗の連続でした。 上司や先輩に迷惑をかけ、仕事でミスばかりの新人時代。そんな自分に…

小説「四つ話のクローバー」から頑張れない人が頑張れる人になる本質を知る

「頑張っても、頑張っても結果が出ない」 努力が報われないときは、誰にだってありますよね。 頑張っても結果が出ない以前に、”頑張れない”人もいるのではないでしょうか。 私も正直、頑張るのはとっても苦手です。 自分に甘い人間でした。 勉強にしろ仕事に…

ロングテールの法則を知れば、ビジネスで努力できる人に近づける理由

せっかく努力するなら報われたい。 受験でも就職試験でも、恋愛でも仕事でも、自分の頑張りが結果に結びついてほしいですよね。 「どうせ結果を出すなら、効率的な方法で結果を出したい。無駄な努力なんてしたくない。」と考える人もいるかもしれません。 皮…

ヒカキン卒業式から学ぶ「失敗の本質は行動しないこと」

「失敗と書いて成長と読む」 元プロ野球選手で監督だった、野村克也さんの言葉を思い出しませんか? これを表現した言葉は、古今東西の人々が語る。 この言葉は、「失敗を成長の糧とする意識」を心に刻む、最高の表現だと思う。 そんなことを考えながら、You…

退職時にお礼の手紙を上司へ書く方法とその効果について

手紙なんて、「書く手間が掛かるから、面倒くさい」 「お金が掛かるからメールやLINEでいい」 「今どき手紙なんて古臭いし効率が悪い」 と思っていませんか。

大企業の工場で高卒が成り上がるために働いた8年間の軌跡

本記事は、私(@harukichi_macho)が経験した、「大企業の工場で高卒が成り上がるために働いた8年間の軌跡」となります。 これから高卒で就職活動に向かうであろう高校生や、将来に不安を抱えながら工場で働いている高卒サラリーマンの方に希望になるんじゃ…

映画「ザ・エージェント」から学ぶ、仕事で重要にすべき中庸とは?

「仕事はお金を稼ぐため・・・。」 と思う一方、「仕事は自分のやりたいことや社会貢献のためにやるんだ!」という葛藤があります。 「いつまでもあると思うな親と金!自分である程度のお金は稼ぐべし!」 「時は金なり!やりたいことやらなきゃ損!」 様々…

イチローの名言「肌感覚で得た経験は強い」という話は、ビジネスで重要だということ

「自分の経験から得たもの、肌感覚で得た経験って、すごく強いと思うんですよね」 この言葉は、元プロ野球選手のイチローがインタビューで語った、若者へのアドバイスです。 ↓全編の動画はこちら(ハフポストより) youtu.be インタビューに答えるイチローの…

漫画「ONE OUTS」はサラリーマンの道徳の教科書だった

野球と仕事 漫画「ONE OUTS(ワンナウツ)」をご存知でしょうか。 野球漫画ですが、野球版「アカギ」とも言われるギャンブル要素が織り交ぜられている、そんな心理戦がメインの野球漫画です。 私も中学まで野球をやっていたので、スポコン漫画の「メジャー」…

高卒の就活時期の変更に伴う起こる変化と対策

2021年卒の高卒就職採用が1ヶ月後ろ倒しになった。 来年春に卒業する高校生の採用試験について、厚生労働省と文部科学省は例年9月の解禁を、ことしは1か月程度後ろ倒しにする方針を固めました。 新型コロナウイルスの影響で生徒の準備が整っていないこ…

サラリーマンなら必ず知っておくべき「成果と結果の違い」とは?

昔、職場の先輩にこんな相談をした。 僕「先輩、全然結果が出なくて悩んでます…」 先輩「結果は何もしなくても出るだろ。成果が出なくて悩んでるんだろ?」 僕「成果と結果って、違うんですか!?」 先輩「お、お前・・・」 僕「えっ、えっ・・・」 この後の…

26歳になって思うこと感じたこと書きたいことは親への感謝しかない

今日でこの世に生まれて26年が経過した。 誕生日というのはどうも苦手で、人を祝うことは好きだが、どうも人から祝われるのは苦手。 どんな反応していいのか分からないのだ。 もちろん「誕生日おめでとう!」と言われて笑顔で「ありがとう!」と答えるくら…

風吹けば桶屋は儲かるから学ぶ、得する仕事のスタンス

「こんな仕事やる意味ねぇよ…」と思う時がある。 おそらく、いや確実に、新人のサラリーマンならば雑用だったり上司からのお願いに対し、不満を感じるときがある。 この事案に対し、上司の立場からすれば「右も左もわからないのだから言われたことくらいはや…

大人になって頑張りが報われないときは、前を向いて開き直るしかないってばよ

大人になって驚いたことがあるってばよ。 大人になってというか、社会人になり働くようになってからの話だけどな。 驚いたことは「頑張りが報われない」ことだってばよ。 あまりにもこの現実に慣れすぎて、大人は子どもにそのことが如何に大切なことかを伝え…

仕事ではなく志事をするとはどういうことか?

先日、旧友とリモート飲み会をして一番驚いたのは、社会に対して悲観したり仕事に対して諦めていることだった。 別に友達のことを否定するつもりはないのだけど。 気づけば、僕も大手企業に入社して8年のサラリーマン生活が経過した。 学生時代、僕の仲間た…

仕事はプライドを捨てるのでは無く、受け入れるということ

「くだらねぇプライドなんて捨てちまえ」という人がいる。 プライドを簡単に捨てられるならば、おそらく、捨てたいと思う人も多いだろう。 人は簡単にプライドは捨てられない。 プライドには自分の生きてきた全ての時間が濃縮され、その人のある種、人格を形…

就活生に対して会社がいま一番求めていることは何か?

明日から新卒採用が本格的に始まる。 いわゆる、就活解禁だ。 今年は例年通りの就活とはいかず、様々な社会情勢の変化の影響を受けることになる。 というのも、かなりの企業が新卒採用に対してシビアになっているからだ。 2020年4月20日付けの読売新聞では、…

不器用な人ほど、文章を書いて伝えるコミュニケーション能力を養うべき理由

僕、口ベタで話するの苦手なんですよね。 人見知りということではないけど、おそらく、考えていることを言葉にして話すこと、好きじゃないんです。苦手なんです。 だから苦手を克服することも大事だけど、それを受けれることも同じくらい大事かなと僕は思い…

編集者「佐渡島 庸平」✕ 漫画家「三田紀房」の対談から学ぶ、型にハマる大切さ

「俺はクリエイティブな人間になるんだ!」なんてイキってた20歳の僕がいた。 あれから5年経ち、いまは「クリエイティブ」という言葉の魅力に何も惹かれない。 けども、なぜアレほど「クリエイティブ!クリエイティブ!」と意識だけは高かったのか、イタ…

キャンプ芸人「ヒロシ」から学ぶ”なりたい自分”に正直な生き方とは?

僕、キャンプが好きで、キャンプ芸人のヒロシさんの動画をよく見ます。 ヒロシさんといえば、 「ヒロシです・・・」のネタが記憶に残る方も多いですかね。 僕の中では、キャンプ芸人として、ユーチューバーとしてのヒロシさんの方が印象に残ってるんですけど…

高卒でもたった1つの能力を身につければ大卒の仕事に就けるし、キャリアは無限大ということ

「高卒と大卒は、何が違うのか?」 高卒で18歳で働いたとき、僕はそんな疑問を抱えながら、悶々と工場で働いた。 最初の配属先は、95%以上が高卒者しかいない現場での力仕事だった。 残りの3%は中卒。 最後の2%の大卒は現場1年ほど経験したら、本…